肩こりを改善したい方へ

男女幅広い年代で肩こりに悩まされる人は多く、シップやストレッチを行うなどして改善に取り組もうとするでしょう。テレビや雑誌では名医と共にこの症状を取り上げた特集を各地で目にする機会は少なくありません。そうしたものを参考に肩の痛みや筋肉の硬さを少しでも和らげようとします。

首や背中といった筋肉に大きな負担が掛かり、緊張続けた結果筋肉が疲労し血流が悪くなる状態を指すのが肩こりです。姿勢の悪さ、運動不足やストレス等が原因として挙げられ慢性的に鈍い痛みが続きますが、何らかの障害や病気に伴い肩こりに似た症状を引き起こすケースも存在します。

その為医療関係のテレビ番組では整形外科や内科といった名医が引き起こるであろう病の症状や原因を解説しており、それらをきっかけに自分の体内に潜む異常に気が付くこともあるでしょう。

肩こりを治したいなら整形外科へ

骨折や更年期障害、うつ病その他疾患などにより肩に負担がかかったような症状を引き起こすので、自分で対処しないで医療機関へ相談することが大切です。肩こりの相談は基本的に整形外科がおすすめであり、一般的な捻挫や骨折の治療の他筋肉や関節といった体を動かす部分の異常についても診療範囲となってます。

整形外科以外では神経内科、脳神経外科があり肩こりと共にに手のしびれや頭痛、吐き気、めまいといった症状がある場合に向かうと良いでしょう。肩こり改善に協力してくれる名医は病院以外にもあり、接骨院や鍼灸院、指圧などが挙げられます。

しかし整形外科や神経内科といった医療機関とは違い、健康保険の適応外だったり医師の同意書や診断書が必要になるので治療の際注意が必要です。

気分転換や全身の疲れを解消したいときに向かうのがおすすめであり、肩こり事態に潜む病や原因を探る際は整形外科やその他医療機関の名医に相談するほうが効率的です。

それでも必ずしも名医から的確な診断を貰えるわけではなく、診察や原因解明に時間がかかるケースもあります。

肩こりの原因

肩こりは普段私たちが何となくしている行為が原因で発症するので、一度自分の生活習慣を見直してみるのも良いでしょう。

コーヒーの飲みすぎ、女性などポニーテールや重めのバレッタを身につける行為は、痛みを敏感に感じさせたり血流を悪くする恐れがあります。テレビやパソコンといった長時間液晶を眺める行為は神経や筋肉疲労を招くため、適度にストレッチや散歩など気分転換する必要があります。

日常生活で自分にできることもあるので一度試してから、医療機関へ向かうのも良いでしょう。